top of page
  • SAKURAS運営事務局

【ブランド米 龍の瞳】

ブランド米「龍の瞳」をご紹介!


そもそも「龍の瞳」って?を今日は深堀りしていきます📝


2000年。晴天の昼下がり、一握りの籾(もみ)から始まった物語があります。それは下呂市の小さな棚田に、突然姿を現しました。


一人の稲オタクが、コシヒカリから飛び出たひときわ背の高い、十数本の穂を偶然に見つけました。その人はその籾の巨大さに驚き「稲が出したオーラに引き寄せられた」と話します。

これが後に「龍の瞳」となる、日本を代表する美味しい水稲品種の誕生です。


翌年、試験栽培したいのちの壱を炊きました。すると、ポッポッと出てきた湯気は瞬く間に部屋中に芳しい香りを充満させました。ふたを取るとたくさんの「カニの穴」があり、混ぜるとすぐに釜に薄い糊が付きました。つやつやしたご飯を一口食べた瞬間、不思議な衝撃が走りました。

甘くて香りが良く、今までに食べたことのないご飯の味。田んぼの「いのち」が詰まっている感じ。




美味しくて安全なお米をお客様に食べていただきたい。

食卓が笑顔に包まれて欲しい、元気になって欲しい、幸せになって欲しい。

その一心で、いまも変わらず徹底した品質管理を行っています。


奇跡のお米はこうして出来上がりました🍚

0件のコメント

Comments


bottom of page