• 山本恵子

アジアンテイストなビールとあわせて♪【ぬかみそJAPANチャーハン】

具は全てぬかみそ漬け利用!

味付けもぬかみそ自体がメインの決め手!

これぞ日本のチャーハン、JAPANチャーハンではないかと思えます。 そしてこちらのチャーハン、ぬかみそ味は炒めてびっくり、驚くなかれ~のナッツ風味に変身♪するんですよ!不思議ですね。 仕上げ時に少し入れるココナッツオイルとトッピングのパクチー、ぬか漬けゆで卵、砕いたミックスナッツでアジアン度数はダダ上がりの新しいJAPANの味わい、チャーハンです。 ・・・・・・・・・・・・ ぬかみそは米ぬかを発酵させた植物性乳酸菌の宝庫です。

野菜を漬け込むだけで皮膚や粘膜の健康維持に働き、糖質からのエネルギー産生を助けるビタミンB1が増えるので日常的にぬか漬けを食べることをオススメしたいですね。

最近では発酵ぬか床として冷蔵庫で気軽に楽しめるキットも販売され気軽にぬか漬けを楽しめる時代になりました。

めざせ、ぬか床美人♡


お手軽なキット、こちらは無印の商品。結構な売れ筋らしく買いに行った時には最後の1パック、駆け込みセーフでした。 【材料】(1人分) ご飯…400g程度 ぬか漬け…お好みぬか漬け合わせて150gほど (ダイコン、ダイコン葉、ニンジン、タマネギ、キュウリなど) 油…大さじ2 ココナッツオイル…大さじ1 味付けに使うぬかみそはお好みの塩味で量を調節してください。 トッピングとして パクチー、ミックスナッツは適量 ぬか漬けゆで卵1個


私は野菜の皮はむかずに漬け込むことが多いです。

そしてふだん食べる時にもぬかみそはぬぐう程度にして洗わずに食べてしまいます。 ダイコンは7ミリ厚さくらいの輪切り。ニンジンはタテに4等分。タマネギはくし形切りに根元をつけたままにしたほうがぬか床の中でばらけることがないので便利です。ゆで卵は殻をむいてそのまま入れます。

漬け込んで3〜4日くらいのしんなりしたくらいのぬか漬けを使います。



左よりタマネギ、ダイコン葉、ニンジン、ダイコンとキュウリ ★ぬか漬けしておいしいものは他にもナス、アボカドやカブ、スイカの皮に近い白い部分!などいろいろあります。ナスやキュウリなどは漬け込む前に軽く塩で皮をこすっておくと色がきれいにあがります。 使う具材によってJAPANチャーハンの味も変わるのでいろいろお楽しみください。ぬか漬けゆで卵は塩味とぬかの風味でそれだけでもおつまみになります。ウズラの卵も元々の味が濃いのでさらにおいしくなりますね。 【作り方】 1.ぬか漬けはぬかを軽くぬぐう程度にして洗わず小口切りで食べやすい大きさに刻む。 2.フライパンに油を入れ、ぬか漬けと味付け用のぬかみそを焦がさないように軽く炒め、温かいご飯を入れてさらに炒める。最初にぬか漬けとぬかみそを同時に炒めることでご飯を入れた時に全体に味がなじみやすくなる。 3.最後にココナッツオイルをまわしかけてさっくりと混ぜる。 4.お皿に盛ってから刻んだぬか漬けゆで卵と砕いたミックスナッツを散らしパクチーをあしらってできあがり。


‥‥‥‥‥‥ ご飯の量が少し多い場合には翌日にも回せます。



#SAKURAS #フリーエスピー

#おつまみ #ビール #ハイボール #カクテル

#オンライン飲み会

0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • 電話
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

© 2020 by Sakuras with freeSP staffs