• 山本恵子

クラッカー&イチゴ 黒麹甘酒ディップ

三寒四温とはいうものの春うらら♪

暖かい日が続くと気持ちもウキウキしてきますね。

梅の花が咲き桃の花が咲き、次は桜を待つばかり。春は柔らかなピンク色に包まれてやってきました。

そしてこの季節のフルーツといえばイチゴ!本格的な旬にはだいぶ早いのですがこの季節、やはりイチゴです。そんな甘酸っぱいイチゴをやはり甘酸っぱい(!)黒麹甘酒と合わせての甘酸っぱいコンビ、春うららディップとして愉しみませんか。





こんにちは、山本恵子です。

まだごく一部の人たちだけという感じですが、ようやく知られてきた感ある黒麹をご存知でしょうか。

そんな黒麹で作った甘酒をディップとして使う今回のレシピです。甘酒さえ一度作っておけばあとはいつでもカンタンに愉しめます。




・・・・・・・・・・・・

今回の発酵ポイントは「黒麹」。その名が示すとおりの見た目も黒い麹です。黒い胞子を持つので黒く見えます。麹の甘酒や塩麹を作るのにマーケットで見かける普通の麹は白いですね。手作り甘酒もだいぶポピュラーになってきているのでこちらはよくご存知だと思います。

それに比べると「黒い!」黒いのです。

この黒麹は沖縄の泡盛を作るのに使われる麹です。学名としては沖縄の歴史的な呼称である「琉球」にちなむAspergillus.luchuensisが国際的に認められています。

 

この黒麹で作る甘酒なんですが上記でも書いたとおり甘酸っぱい仕上がりになります。甘酒が甘酸っぱい?!初耳の方はにわかには信じられないと思いますが、これは黒麹は発酵する過程でクエン酸を生成するからなんですね。「クエン酸」はレモンなど柑橘類にも含まれているので、そうした飲み物にも〇〇〇mg配合なんてボトルに書いてあるのもよく見かけます。疲労を回復させる効果があるのでわざわざ目立つように書き込まれています。

そして自然素材にこだわる方にとっては安価で手に入る安全な掃除アイテム。

「クエン酸」ってスゴイじゃない!

………でしょ。


そんな天然のクエン酸が発酵の過程で自然にできてしまう黒麹。食の面で黒麹が脚光を浴びるのももうすぐ!の予感がしています。大メジャーへの道、夜明け前。夜明け前は一番暗い、まさに漆黒の刻だと思っています。

 

そんな黒麹を使ってまずは麹の甘酒を作るのですが、他の甘酒と同じ炊飯ジャーやヨーグルトメーカーで作れます。その作り方は検索してご覧ください。黒麹のみでも炊いたご飯を足しても(足すと増量になるのはうれしい♡餅米ご飯ならさらに甘さ+♡なのは普通の麹甘酒と同じ)どちらでも。扱いは白い麹とほぼ同じです。

 

注意することは、白い麹甘酒を作る気持ちで仕込むと途中経過で少し水分が足りないように思われること。そこで驚いてできあがりを考えてちょうどいいくらいに水を足してしまうと、仕上がりがゆるくなりすぎてしまうことです。適度に水分を含んだ状態になる瞬間が突然やってくるように私には思えるので、途中で水分を足すのは少しずつ様子を見ながらにしてください。


そしてできあがった甘酒がこちら。




黒というよりもグレーに近い感じですが、見た目のインパクトはありあり。

インスタ映えもするでしょう!

オシャレな使い方もできるでしょう!

そして食べて驚く甘酸っぱさ!

さらにクエン酸のメリットもいただけちゃう!

どちらも未知の新しい世界へ誘ってくれる黒麹甘酒です。


【所要時間】10分

(黒麹代金、甘酒を作る時間は含まれていません)

【材料】(1人分 約200円)

クラッカー…2パック程度

アラザン…適量

黒麹甘酒…適量

イチゴ…適量



【作り方】

1.クラッカー、黒麹甘酒、切ったイチゴを皿に盛り付ける。

 

○黒麹はマーケットにはまだあまり出回っていないのでネットサイトでの購入が便利です。



※私が便利によく使うのはこちらの黒麹です



○クラッカーをバケットに変えてもOK。お好みでラスク風に黒麹甘酒を塗ってからオーブントースターで軽く焼いてもおいしいです。

取り合わせもドライフルーツやナッツ、乳製品のバター、生クリーム、ヨーグルトなどとも相性がいいのでお試しください。


○まとめての作りおきが可能です。そのままジプロックで冷凍もできます。

白い麹甘酒は煮詰めて「麹ジャム」にしますが黒麹でも同じように作り保存ができます。普通の麹ジャム作りと同じ要領です。その場合も開封したらある程度お早めにお使いくださいね。

 

○黒麹甘酒の場合は私はさらに火入れして使われることをオススメします。火を通した味がまた格別!

使いみちもシリアルやヨーグルトにもひとさじ、クエン酸パワーをプラスですね!

 

○黒麹甘酒のジャム作り、クエン酸を含みますので使う鍋は金属製ではなくホーローなどが望ましいです。火加減はごくごく弱火で焦げつかないようにしっかりとかき混ぜながら。冷えると固くなるので粘度にはご注意ください。




グレーがかっていた黒麹甘酒も濃縮されてくるとさらに黒さも増して艶も出てきます。まさに魅惑の黒!です。

味わいもまるでプルーンジャムのような感じに。濃縮された黒麹甘酒はとてもおいしくなりますね。


‥‥‥‥‥‥

春宵一刻値千金。

春の夜の匂いは

悩ましく鼻孔をくすぐります。

今夜はキリリと冷やした白ワインで

カンパーイ!




\インスタグラム&ツイッターにも投稿中/

こちらもフォローお願いします♪

~インスタグラム~

https://www.instagram.com/fsp_sakuras/

~ツイッター~ <さくらのつぶやき>

https://twitter.com/fsp_sakuras

0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • 電話
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

© 2020 by Sakuras with freeSP staffs